ログイン
HOME » ブログ » こころの声
ブログ ~ こころの声 ~

投稿一覧 (投稿数:15 件)

自ら生み出す

エネルギーが足りないとき、人や自然からエネルギーをもらい、元気になる。それはとても大事なことです。 そしてその気が満ちてきたら 今度は自らがエネルギーを出す番です。 自らのエネルギーは枯れることなく 見いだせます。 自然と繋がっていると それはとてもとてもシンプルで楽で楽しくできます。ただ、自然と繋がるエネルギーがピッタリに自分の中にしっくりきていない ...続きを見る

[カテゴリ] こころの声   [更新日] 2019/2/20
自分を愛す②

自分を愛す②

自分を愛すことは相手を愛すことと同じです。 人類 皆家族。 地球 皆家族。 この精神は 本来皆が持ち備えていたのに、自分を守るために勝ち負けの勝負をし、相手を敵にすする。 どこかにこの大事な愛を置き忘れてきてしまったから 人間のその響きが地球を汚し、水が汚れ水害に 山が汚れ山が崩れ 台風や気温上昇といったエネルギーに。 でも、今、それでははいけない! ...続きを見る

[カテゴリ] こころの声   [更新日] 2019/2/17
自分を愛す①

自分を愛す①

自分を愛すとは 感じたことを自分の声に耳を傾けその声に従い行動することです。 ただ、紙一重の大事なことがあります。 愛すこと と エゴ の違いです。 自分の声に従うことが一番ということを勘違いして 約束していたけど 今日はやっぱり行きたくないから、ドタキャン とか 人と一緒にやろうとおもって約束していたけど、やらない など 相手に迷惑をかけるこ ...続きを見る

[カテゴリ] こころの声   [更新日] 2019/2/16
感じるということ

感じるということ

今の時代 あまりにも 知識、情報の勉強をしてきたことで 感じる ということを 置き忘れてきてしまっていませんか。 人の評価を気にし 怯え 苦しみ 悲しみ 自分を責める それをもう終わらせていい時が来ています。 噂や人の評価はその人の責任をとってくれません。 この命 最後の最後まで責任をとってくれるのは 自分ひとりなのです。 自分の感じる声に耳を ...続きを見る

[カテゴリ] こころの声   [更新日] 2019/2/15
「君ならできる」

「君ならできる」

先日の全米オープン!大坂なおみちゃんの優勝の様々なことに感激し、学びが続いています。 それは、サーシャバインコーチのスゴさです。 昨年から新しく技術、精神を鍛え直したそうで、 勝った最大理由は メンタルの強化と大坂選手自らが話していました。 1ポイント1ポイントを 感情に左右せず 一喜一憂をせず、 を毎日の練習に取り入れたそうです。 うまくいかないと ...続きを見る

[カテゴリ] こころの声   [更新日] 2018/9/11
Believe in yourself〜信じる勇気〜

Believe in yourself〜信じる勇気〜

Believe in yourself(自分を信じて) 本当に美しくなる 本当に楽しくなる 本当に夢が叶う その時に絶体に必要なもの。 それは、自分を信じるチカラです。 当たり前のようですが、 どれだけ自分を信じられているかは意外と意識していないところで、今までの経験で考えたり判断したり、自分が傷つかないようにプロテクト(守りの体制になり)し、 弱気になったり、疑ったり、マ ...続きを見る

[カテゴリ] こころの声   [更新日] 2018/8/27
微細な波動は優しさと共鳴している

微細な波動は優しさと共鳴している

微細な波動 優しさは微細な柔らかな波動です。 受けいれ、やわす謙虚な心は光の粒子がどんどん細かく透明になって行きます。 愛に気づいていない感情やマイナス思考は荒く、疲弊し イガイガの金平糖のような トゲトゲしたようなイメージです。 癌の方の赤血球を見せていただいたときも金平糖のような形をしていました。 つまり、意識は血液をつくり細胞をつくり身体 ...続きを見る

[カテゴリ] こころの声   [更新日] 2018/8/12
魅するとは息が合うこと

魅するとは息が合うこと

魅するとは息が合うこと   日本古来からの美しさを 今の時代に合わせて、新しい形で表現し披露することは個性を生きる最大の喜びです。   経験したことのない挑戦は人を感動の渦に振るわせることができます。     その挑戦には勇気がいります。   勇気とは 自分から立ちあがり 相手と響きあえるように 与えられるのでな ...続きを見る

[カテゴリ] こころの声   [更新日] 2018/8/4
我が立つ杣

我が立つ杣

我が立つ杣 という言葉を教えて頂きました。 杣とは滑り落ちそうな山の斜面にある、ほんの少し平らになった場所で修行僧や登山の人たちが、ほんのひととき安心して休める所。 ほんの少し立って休めるところがあるだけで感謝ということです。 わがたつ杣の和歌にも出会い書いてみました。 「おほけなく憂き世の民におほふかな 我が立つ杣にすみ染めの袖」 我が身に過 ...続きを見る

[カテゴリ] こころの声   [更新日] 2018/7/11
30年ぶりの再会

30年ぶりの再会

小さい頃、お世話になった方です。 少しご病気などあった方でしたがお元気になられ、わたしのエステティックを受けにきて下さいました。 懐かしい話に花が咲き、小さい頃を思いだしました。 わたしは泣き虫だったのでご苦労をかけてしまったとおもいます。いつも元気に明るく迎えてくださったことが思い出されます。 手作りのちまきや茶碗蒸しを食べて~と かわいい笑顔でお ...続きを見る

[カテゴリ] こころの声   [更新日] 2018/5/29
Google+で共有 Facebookで共有 twitterで共有